FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉ライブデモンストレーション

12月8~9日に,第19回鎌倉ライブデモンストレーションに参加しました.このライブは,手首の橈骨動脈から行うカテーテル治療(TRI)にFocusして行われるライブで,今年はTRIが始まってから20周年となります.湘南鎌倉総合病院のカテ室からから中継し,会場である横浜のはまぎんホールに映像を飛ばします.今年も会場は殆ど満席でした.

このライブが持つ,他に類を見ない程に際立っている特徴.
 1.2日間で40症例以上を,齋藤滋先生一人で治療なさる
 2.左主幹部病変(LMT)や慢性完全閉塞(CTO)も,全てTRIで行う
 3.6Fr以下のガイディングカテーテルを使うため,様々なテクニックを学べる
 4.ディスカッションが全て英語.

8日は,会場で最初のセッションを担当させて頂きました.TRIを世界で初めて行ったDr. Kiemeneij(キムニー先生)と共同座長です!齋藤先生の手技を見て感じたことは,その素晴らしいテクニックに益々磨きがかかっておられるという事でした.印象深かったのは,右冠動脈に38mmのステントを2本留置した症例です.1本目のステントを留置した後,手前に置く2本目のステント長を測るのに,ステントバルーンを抜去する途中のホンの一瞬で長さを把握されたのです.「うわ~っ...」と思って見ていたら,案の定「2本目のステント長は,どの様に決めているのか?」という質問がでました.そうなんです!余りにも手技が速すぎて,フォローしきれなかったという訳です.

座長終了後に,病院に移動してIVUSのコメントをさせて頂きました.今の病院の前に勤務していたので,ドクターやカテ室スタッフと,久しぶりの再会です(^^♪ 裏手には,ステントやバルーンが沢山搬入されていました.
IMG_0345.jpg    IMG_0346.jpg

最終日である9日は,日曜日ですが朝7時半からカンファレンスです.ドクター・コメディカルも本当に真剣で,本当に素晴らしいチームだと思います!会場への放映開始は9時からですが,カンファレンス終了直後の7:50頃から,治療が始まりました.放映開始までの僅か1時間の間に,何とLMTを含む4症例の治療が終了.神がかり的...
IMG_0349.jpg    IMG_0347.jpg

今回のライブは,例年よりも教育的だったように思いました.当初の予定とは違い,IVUSが思ったより多用されていたのは嬉しい誤算でした.「IVUSなんていらない」と仰っていたキムニー先生も,「今日はIVUSの良さが解った」と言って下さり,ヨッシャ~!!!(^_^)v

各地のライブでIVUSコメンテータをさせて頂いていますが,そこで感じる事.術者のスキルが高いほど,自分のIVUSの読みも高められている様に思います.この歴史あるライブで,内側からスタッフとして参加できることは,この上ない喜びです.また,そうした結果として患者さんにベストな結果をもたらすことができことが,本当に嬉しく思うのです.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko先生

Author:Junko先生
「I ❤ IVUS」へようこそ!
横浜市の病院に勤務している循環器内科医で,専門は「血管内イメージングとカテーテル治療」です.
Twitter: @JunItabashi

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。