FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第78回日本循環器学会

3月21日~23日まで,第78回日本循環器学会が開催されました.今回のテーマは「情報爆発とネットワーク時代の循環器病学」というで,当に会長の永井先生らしいテーマだと感じました.今までの日循は,久しぶりの東京開催なので便利です.でも,会場が東京国際フォーラムだけでは収まりきれず,JPタワー東京商工会議所の一部も会場となり,巨大な規模の学会となりました.
IMG_1590_convert_20140323223331.jpg    IMG_1593_convert_20140323223957.jpg

私が担当したのは,「カテーテル治療における女性医師の勤務環境:現状と課題」というセッションの座長と演者でした.電気生理検査やカテーテル・アブレーションに携わっている若手~中堅の女性医師からは,透視時間を出来る限り少なくする工夫や,放射線被曝を少なくするために「放射線防護キャビン」を用いているという発表がありました.

東北地方や北陸地方でカテーテル治療(PCI)に携わっている女性医師たちからは,循環器に従事する女性医師自体が少ない,深刻な現状を伺う事が出来ました.過去には,「循環器には女性は入局しない」という暗黙の了解があったそうです.しかも,発表者の先生が今の病院に派遣された時,彼女の上司の先生は,医局から「出来の悪い男性医師と出来るけど女医さんとだったら,どっちがイイか?」と聞かれたそうです.その上司の先生は悩んだ挙句,女医さんを選択したそうです.まあ,結果は大正解だったようですが.そんな環境の中で,本当に皆さん頑張っていることが良く解り,若手の先生方もこれに続いて下さることを期待しています.

引き続き,「男女共同参画委員セッション」が行われ,ここでは各地域での具体的な取り組みについての発表がありました.男性医師が良かれと思って言う何気ない一言が,実は女性医師を傷つけているという発言も… 例えば「女性だから心カテはやらなくてもイイよ」と言われたけど,実は心カテ大好きなのにとか.
IMG_1591_convert_20140323224100.jpg    IMG_1592_convert_20140323224202.jpg

出産・育児を経験した女性医師たちが「何とかやめないで仕事を続けて行く」という環境整備は必要ですが,その一方で「心カテ大好きなので,緊急も呼んで下さい!」という高いモチベーションを持った女性医師たちも増えています.こうした多様な生き方の中で,一人一人の考えや希望に沿った環境を作っていければいいなと.イケイケバリバリの女医さんと育児中で時短勤務を余儀なくされている女医さんが,普通に共存できる環境.

もう少し時間はかかるでしょうけど,少しずつ少しずつ前に進んで行っている事を実感できています.もっと進んで,女性医師だけでなく,男性医師も育児休暇を普通に取れるようになればイイですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko先生

Author:Junko先生
「I ❤ IVUS」へようこそ!
横浜市の病院に勤務している循環器内科医で,専門は「血管内イメージングとカテーテル治療」です.
Twitter: @JunItabashi

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。