FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドでのPCI

IVUSガイドPCIの布教活動をするため、インドのデリーに来ています。
昨日は、インドでもトップクラスのPCI症例数を誇るMedanta Hospitalを訪問しました。デリー郊外で開発の著しいグルガーオン地区にある新しい病院で、月に300例程のPCIを行っているそうです。それにしても、人が多いのにはビックリ!
IMG_2394_convert_20140830205654.jpg

IVUSのレクチャーでは、ベーシックなimage interpretationに加えて、分岐部やCTOなどのcomplex PCIでIVUSをいかに有効に使うかについてお話させて頂きました。例えば、CTOの病変にステントを留置した後も、CAGではその末梢がびまん性に細く描出されることがしばしばあり、その処置をどうするかなどの疑問をお持ちの様だったので、ある程度先方のリクエストにはお応えできたようです。

カテ室は4つあり、全てシーメンスのフラットパネルが設置されていました。カテチームも3つくらいあるようで、ある先生は頭に巻いたターバンの上からキャップを被っていて、なんだか微笑ましい光景です。
とは言っても、それぞれのドクターが相当な症例数を経験しているので、PCI自体はかなりスムーズに進行していました。
                    写真 2014-08-29 16 23 33

インド人は糖尿病が多く、平均寿命は60歳代後半とのこと。ということで、比較的若い患者さんが多枝病変を持っており、特に腎機能や血行動態などの問題が無ければ、全ての病変を一期的に治療するのが普通なのだそうです。3症例に立ち会いましたが、1例目は左前下行枝の短い慢性完全閉塞を治療した後、回旋枝の病変を治療。2例目と3例目は3枝病変で、全ての病変を治療していました。ただし、それぞれの病変はステント1本留置で終了できるような病変でしたが。

インドでは、バルーンカテーテルは再滅菌して使用するのだそうです。当然通過性が悪いため、ガイディングカテーテルの中で一度拡張してからデリバリーしたり、低圧短時間拡張を反復して匍匐前進したらどうかなどディスカッションしつつ、手技が進んでいきました。それでも回旋枝などで通過しない時に新しいバルーンを出すと、何の抵抗もなくスンナリ通過(^^)
                        写真 2014-08-29 17 55 40

さて、治療に使うステントですが、これは患者さんの支払い能力によって使えるステントが異なるようです。私たちが普段よく使うアメリカのメーカーのステントも置いてありましたが、インド製のdrug-eluting stentが多くの症例で使われていました。しかも、結構種類が豊富です。
写真 2014-08-29 17 41 01写真 2014-08-29 18 10 22写真 2014-08-29 18 18 29

かなり驚いたのは、Xience Xpeditionに48mm長のステントがあること!実際、右冠動脈の入口部からのびまん性病変に、このステントが留置されていました。屈曲もないストレートな病変だったので、デリバリーも比較的スムーズ。この長さって、インドにしかないのでしょうか、メーカーさんに聞いてみよう。
                         写真 2014-08-29 19 43 05

この病院ではIVUSの使用率が約30%と、インドの他の病院よりも圧倒的に多いそうです。チーフのドクターはインドでもtop operatorの一人とのことで、決断も早く手技もスムーズでした。また、教育にも力を入れておられ、月に1度はRotablatorとIVUSのワークショップを行って、インドで行われるPCIの底上げをしたいという熱意をお持ちでした。この日も夜8時頃まで立ち会わせて頂きましたが、その時点でまだ症例が残っていました。「いつも夜9時頃まではやってますよ」とのこと、本当に頭が下がります。インドでも、IVUSがより良いPCIのお役に立てているのだと確信できました(^_^)v
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko先生

Author:Junko先生
「I ❤ IVUS」へようこそ!
横浜市の病院に勤務している循環器内科医で,専門は「血管内イメージングとカテーテル治療」です.
Twitter: @JunItabashi

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。