FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌!癌!ロックンロール

友人で整形外科医の赤木家康先生が,本を上梓しました.6年間で6つの癌と戦い,全てを克服した凄まじい記録が綴られています.でも,不思議と悲壮感がないんです...


癌!癌!ロックンロール―金髪ドクター、6度の癌宣告&6度の復活癌!癌!ロックンロール―金髪ドクター、6度の癌宣告&6度の復活
(2011/11)
赤木 家康

商品詳細を見る


赤木先生と出会ったのは1994年頃です.当時の救命センターはICUが26床とCCU4床が同じフロアにあり,医局も一緒でした.センターを構成していたのは,各診療科から派遣されていた働き盛りのドクター達です.そこに赤木先生が整形外科代表として加わり,一緒にお仕事をさせて頂きました.

2005年の年末,「ガンが見つかって入院するので,今年のクリスマスパーティは中止します」と,ご家族から連絡がありました.下咽頭ガンでOpeをするというのです.自分は専門ではありませんが,下咽頭ガンがどんな性質のガンかはわかっています.その後の様子もご家族から伺っていましたが,本当に大変そうなだったので,自分から赤木先生に連絡をするのも申し訳ないような気持ちになっていました.私には,祈ることしかできませんでしたから...

その後3-4年を経過して再発も無いようだと安堵していたところ,2010年の7月頃に「今度は舌ガンになりました!」というメールが...でも,そのメールの最後に「今度は舌足らずの可愛い喋り方になって,戻ってきます!」と書かれていたのです.
下咽頭癌の再発ではなく新たなガンで,早期なら手術による治癒が可能です.「再発でないのは不幸中の幸いですね」という,励ましにもならないようなメールを送りました.その後も赤木先生は舌ガンの再発・今年に入ってからは舌根部がんの手術に加えて食道ガンx2に対する治療も受け,結局6つのガンを乗り切られたのです!最近はFacebookでメッセージをやり取りすることができるようになり,お元気そうな様子なのが嬉しい限りです.

この本で一番印象深いのが,「自分はガンになって本当に良かった!」と書かれていることです.ガンの治療には幾つかの選択肢がありますが,生き続けるために敢えて手術を何回も受けられ,その結果声も失いました.でも,初回のOpe後にはシャント発声法という新しい技術に取り組んだり,今はiPadを駆使して筆談しているそうです.赤木先生の前向きな考え方と,「ガンには絶対に負けない!」という強い気持ちは,ガン患者さんにとって必要な事なのではないかと思います.
6つ目のガンが最後だったと,信じています!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko先生

Author:Junko先生
「I ❤ IVUS」へようこそ!
横浜市の病院に勤務している循環器内科医で,専門は「血管内イメージングとカテーテル治療」です.
Twitter: @JunItabashi

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。