FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CVIT 2012 in 新潟

7月12日(木)~14日(土)まで,新潟で第21回日本心血管インターベンション治療学会学術集会が行われました.
IMGP1593_convert_20120714181922.jpg

今回のテーマは「原点回帰:医学,そして医療するこころ」です.会場スタッフの皆様は,「原点回帰」とプリントされたお揃いのTシャツを着て,気合十分です.会場となったのは朱鷺メッセで,広々とした立派な会場でした.
医療機器展示も賑やかです. IMGP1588_convert_20120714182603.jpg

そんな中で印象に残ったのは,「ベテランに聞く,やってはいけないPCI / ステント植え込みを避けるPCI!」というセッションでした.演者の先生方は,カテーテル治療の黎明期から日本のPCIを牽引してこられた大御所の先生方です.会場は超満員で,立見の方も大勢いらっしゃいました.ご自分達の膨大な経験から繰り出される一言一言には重みがあり,若手~中堅術者に対する熱いメッセージが込められていました.
IMGP1587_convert_20120714185343.jpg     IMG_0415_convert_20120714183155.jpg

そんな中,私は「OCTガイドPCI vs IVUSガイドPCI vs FFRガイドPCI vs CTガイドPCI」というパネルディスカッションでプレゼンさせて頂きました.まず基調講演は,世界の大御所であるSpencer B King III先生です.
                IMGP1590_convert_20120714184057.jpg

自分が長い間やってきた血管内エコーガイドPCIについて,少しでも多くを皆様に伝えたいと思い,自ずと熱が入ってしまいました.そのためか,発表時間を少しオーバーしてしまい,反省です...... ( 〃..)ノ ハンセイ

さて,米どころ新潟に来たからには,課外活動も楽しみのうちの一つです.美味しい日本酒も頂きました!
IMG_0417.jpg       IMG_0419.jpg

最後に会場から新潟駅まで乗ったタクシーの運転手さんが,「いや~,ホントに有難いねぇ.お客さん大勢乗させて貰いましたよ.毎年やってほしいなあ」と.学会期間中,多くの魚介類や日本酒が消費されたことと思います.ホテルも満杯だったようで,新潟の経済活性化にちょっとだけお手伝いできたかなって思いました.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko先生

Author:Junko先生
「I ❤ IVUS」へようこそ!
横浜市の病院に勤務している循環器内科医で,専門は「血管内イメージングとカテーテル治療」です.
Twitter: @JunItabashi

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。