FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四川省での食事レポート

4000年の歴史を持つ中華料理,中でも四川料理麻婆豆腐担々麺など香辛料がきいた料理で,日本でも人気があります.ただ唐辛子辛いだけでなく,舌が痺れるような「麻」の刺激が何とも言えません.

成都を訪れた時に,麻婆豆腐発祥の場所と言われる陳麻婆川菜館で,本場の麻婆豆腐を頂きました(^^) 余り辛いという印象はありませんでしたが,花椒タップリで舌や口唇がピリピリヒリヒリ.それでも,少し硬めの豆腐はしっかりとした大豆の風味を味わうことができ,流石としか言いようがありません.
IMGP1793_convert_20120904151509.jpg    IMGP1795_convert_20120904151603.jpg

お店の入口付近には,いろいろな種類の香辛料が並べられており,四川料理の奥深さを感じました.
                 IMGP1796_convert_20120904151911.jpg

同じ四川省ながら,九寨溝はチベット族のエリアなので微妙に味付けが違います.また標高が高いため,栽培できる食材が白菜やレタスのような葉物やキノコ類が多く,都会のようにはいきません.
九寨溝空港からホテルに向かう途中,川主寺という町で夕食を頂きました.食材は少し異なりますが,やはり四川省だけあって唐辛子風味のお料理が出てきました.標高が高くなると気圧が低くなり,そのため沸点も下がるため,お米は少し芯が残っているようなカンジです.
IMGP1837_convert_20120904163613.jpg    IMGP1838_convert_20120904163518.jpg

宿泊したホテルは外資系だったので,朝食は洋風や中華などの多彩な料理を選べるビュッフェでした.その場でオムレツを焼いてくれたり麺を茹でてくれたりするサービスもあり,朝から小さい器に入った担々麺も食べられます!トースト・ベーコン・オムレツという洋風のお料理もあるので,中華に飽きてきたら丁度いいかもデスね.
                 IMGP1840_convert_20120905102211.jpg

九寨溝でのランチは,ビュッフェ形式でした.九寨溝の中でキチンと食事をできる場所はここしかなく,2日続いての食事となりました.肉類は豚肉やヤクの肉が多いそうで,15種類位の料理が並んでいます.青菜炒めなど比較的ヘルシーなお料理も多いのですが,やはりここにもお約束の麻婆豆腐が.
IMGP1888_convert_20120904165520.jpg    IMGP1889_convert_20120905103641.jpg

IMGP1890_convert_20120904164956.jpg    IMG_0488_convert_20120905103858.jpg

途中で中国人のツアー客が大勢入ってきたと思ったら,あっという間に凄い勢いで料理に群がって人垣のようになりました.間に入ってすら行けないカンジなので,中国では日本人の奥ゆかしさは全く通用しません(-_-;)

夕食には,キノコ鍋を頂きました.九寨溝の名物料理で,松茸っぽいのとかエリンギ・椎茸など数種類のキノコ,豆腐・ウリ・葉物など.キノコ好きにとっては,嬉しいお料理です.
IMGP2286_convert_20120905102851.jpg

中国に行くと3食中華料理なのですが,結構大丈夫なものです.北京や上海で頂く洗練された中華料理も美味しいのですが,行った先々で地元のお料理を楽しむのが好きです.日本に戻ってくれば和食はいくらでも食べられるし,日本で食べる和食が一番ですから(^^♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko先生

Author:Junko先生
「I ❤ IVUS」へようこそ!
横浜市の病院に勤務している循環器内科医で,専門は「血管内イメージングとカテーテル治療」です.
Twitter: @JunItabashi

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。